使い方

ボニックプロって痛いの?痛い人は使い方をチェック

投稿日:
太もも女性押さえる

何だか「ボニックプロが痛い!」って声が耳に入りますね~・・・。

 

ボニックプロの感覚についての感じ方は個人個人によって差があるとは思っています。

 

でも、根本的にボニックプロは『痛い』ものじゃないのです。

 

ここでは、この理由について突き詰めていくことにします。

ボニックプロの『痛い』は3種類ある!?

 

このページではボニックプロで痛い思いをしてしまう背景を考えていきます 

まず痛みはボニックプロについている『EMS』という性能を使用することで仮定します。

 

この機能は筋肉に電気信号を送ることで筋肉を伸縮運動させるものなんです。

わかりやすく説明すると『筋肉を楽にパワーアップする』ための仕組みですね。

 

EMSを使うことで「痛い!」と感じるかもしれないですね。

 

ボニックプロの痛みその1:筋肉を鍛えて痛い!

 

腹筋って元々痛いですよね?

 

どうでしょう。

今、フロアーに寝そべって腹筋動作をしてみましょう。

 

足を延ばして、仰向けに。

そのまま上体を起こして・・・半分くらいでストップして!!

そのまま維持!キープ・・・!

 

どうでしょうか?『痛い』ですよね!?^^;

 

筋肉を強化するというのは痛みをともないます。

 

ボニックプロのEMSはパワーを3段階で選択します。

当然レベルマックスのEMSは慣れていないと『痛い』です。

 

このことについて「ボニックプロって痛い!」って言っている人がいます。

 

解消は簡単ですよね?

 

EMSの強さを一番弱くして使用してください!

 

負担は時間と日数をかけてだんだんとあげていけばいいんです。

筋肉痛の上からEMSを使うとさらに『痛い』ですよ。(笑)

 

ボニックプロの痛みその2:筋肉からずれて痛い!

EMSは筋肉にあててあげなければ成果はでません。

贅肉だらけの所、骨のところなど筋肉のないところに対して使ってませんか?

 

これだと単に電気がビリビリくるだけで『痛い』ですよ!

 

こういった場所はEMSがオフになるHOT(ホット)モードにスイッチして使いましょう。

ビリビリ痛い部分にEMSをあてても効果は得られませんよ。

 

ボニックプロの痛みその3:ジェルが不十分で痛い!

ボニックプロとあわせて使う『ボニックジェル』をないがしろにしていないでしょうか?

これはただのすべすべジェルじゃありません。

 

このEMSを正しく働かせるためにも絶対必要なんです。

ボニックジェルは電気信号を体の中へ伝える働きをもっています。

ジェルがなかったら電気信号はほとんど伝わらず皮膚表面でビリビリしているだけです。

 

これが水分が飛んでしまうと当たり前に『痛い』ですよ!

 

解決はジェルを適正に利用しましょう。

 

どうでしたか?心当たりがある人は使い方を見直してみましょう。

 

ボニックプロにはたしかに痛いと感じることもあるかもしれないです。

でも、正しく使用すればそんなに痛いものではないのですよ。